【乃木坂46】遠藤さくらちゃんは初期の頃どんな性格だった?現在の性格と比較してみました!

遠藤さくらちゃんの初期の性格を紹介

[PR]本サイトで紹介している商品・サービス等にはアフィリエイト広告が含まれる場合があります。

日本のトップ人気アイドルとも言われている乃木坂46ですが、そのエースの1人と言われているのが遠藤さくらちゃんです。

今や、エースとも呼ばれるさくらちゃんですが、乃木坂に入った当初はどんな性格だったのでしょうか?

この記事はこんな人におすすめ

  • 遠藤さくらちゃんの初期の頃の性格が知りたい人
  • 遠藤さくらちゃんの成長過程が気になる人

この記事では、遠藤さくらちゃんの初期の性格と今の性格を比較しながら、さくらちゃんの成長ぶりを紹介していきたいと思います。

朱音

この記事はROILLYメインライターの朱音が担当しました!

すぐに泣いちゃう性格

乃木坂工事中を見ている方ならわかると思いますが、昔は乃木坂工事中に出るたびに泣いちゃっていましたよね。

特に印象深いのは、犬と赤ちゃんの動画を見て感想をいう企画で、バナナマンさんからの質問にうまく答えられずに泣いてしまったシーンですよね。

このシーンはさくらちゃん推しの方以外も覚えている人多いのではないでしょうか。

後の放送の『乃木坂46反省大賞』でもこの話題が出て、また泣いてしまっていましたね。

すごい純粋で、頑張り屋さんな性格が伝わってきます。

最近では、乃木坂工事中で泣くこともほぼなく、トークもすごい上手になっていて、相当努力をしたんだと思います。

努力家なところがさくらちゃんを推す理由になっている人もたくさんいますよね。

とても緊張してしまう性格

今では、堂々と何事もこなしているように見えるさくらちゃんですが、昔は緊張しがちな性格だったようです。

non-noの取材でも緊張してしまう性格だと答えていることもありました。

乃木坂工事中でいうと、『縦割りクラス対抗戦③』の電撃プレッシャー棒という企画で、手が震えてしまっているシーンなどがさくらちゃんの緊張が現れているシーンですよね。

他にもライブのトークでうまく話せていないことも昔は多々ありましたね。

しかし、今では、乃木坂工事中でもライブでもしっかりと緊張せずに話せているので、さくらちゃんの成長がすごいなと思います。

今後はもっとさくらちゃんが話している機会を見ることが多くなると思うので、さくらちゃんのトークにも注目ですね!

甘えん坊な性格

これは今も昔も変わらない性格ですよね!

主に齋藤飛鳥さんとの絡みで、さくらちゃんの甘えん坊な性格が出ていますよね。

齋藤飛鳥さんが乃木坂にいた頃は積極的にくっつきに行ったり、話しかけに行ったりしてました。

4期生の他のメンバーにも甘えているところはよく見ますが、齋藤飛鳥さんへの絡みはより、スキンシップが激しくて、さくらちゃんの飛鳥さん愛が伝わってきます!

そういえば齋藤飛鳥さんの卒業コンサートでの、さくらちゃんのスピーチはほんとに感動しましたよね。

さくらちゃんが飛鳥さんに「今までお世話になりました」と言いながら泣いているシーンは、私も思わずもらい泣きしてしまいました。

少し話は脱線しましたが、さくらちゃんの甘えん坊な性格が、ファンの人たちを魅了している大きな要素になっているのは間違いないでしょう。

今後は他の4期生との絡みに期待ですね!

まとめ

この記事では、遠藤さくらちゃんの初期の性格と今の性格を比較しながら、さくらちゃんの成長ぶりを紹介していきました。

今後のさくらちゃんの成長が楽しみですね!

↓他の記事もあわせてご覧ください!↓